読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚約→引越し→転職後すぐに妊娠→結婚→夫の転職先が遠方に→引越→里帰り→出産 と
死ぬ死ぬ言いながらドタバタな1年を送った後は案外平凡に生きている主婦のブログです。

ひたすら動きまくった臨月の話

妊娠中って、赤ちゃんのためにもなるべく安静にしてなさいとか言われるじゃないですか。でも臨月になった途端、産婦人科での健診でもネットで調べてもどこもかしこも「動け!」の一言。検索の候補にも「臨月 運動」って出てくるぐらいです。

私の場合、私自身が1ヶ月早く生まれてきたり、姉が1ヶ月早く出産したりと、「私も早く産むのかな?」と思える要素があったので、正直そこまで真剣に臨月と向き合う準備をしていませんでした。かつ、里帰り出産だったのですが、そこまで両親と仲が良いわけでもなく、一刻も早く産んで帰りたいという気持ちもあり、臨月を迎えた頃から「なんで産まれてきてくれないの?」という焦りで頭がいっぱいになっていきました。

 

結果として、出産予定日から2日遅れで産まれてきてくれたのですが、それまでに私がどれだけ動いたかをまとめておきたいと思います。というのも、臨月の間、焦った私は毎晩のように「出産 兆候」「お産 早める方法」「いつ産まれる 里帰り」などと検索したりして、似たような境遇の人を見つけると安心して夜の胎動の辛さも乗り越えていたので、そういう人が私以外にもいれば、少しでも安心する要素になれば、と思ったからです。
※早産・流産のリスクもあると思うので、臨月になって健診でも「動いてね!」と言われた人向けです。



妊娠10ヶ月頃(臨月)にしていた運動

  • 散歩:週2~3回、7,000~10,000歩/回、1~2時間程度。
    実家から歩いて10分くらいのところに散歩やジョギングができる広めの公園があったので、そこに毎日散歩に行っていました。昼過ぎくらいに行っていたので、ジョギングするおじさんや散歩しているおばさんしかいなくて、特にジロジロ見られることもなかったです。夕方になると下校する中学生が自転車で通るので、それまでには帰りました。

  • マタニティヨガ:週に3~4回、30分~1時間程度
    下記のDVD付きの本を購入して、妊娠7ヶ月頃から少しずつ始めました。毎日全てやる! と思うと飽き性のせいか段々嫌になってくるので、無理しない程度にできるところまで、という緩い感じでやってました。比較的出産は安産だったのですが、おそらくはこれのおかげだろうなと思っています。股関節を柔らかくするヨガが多めに入っているのと、大きくなったお腹に負担の無いヨガばかりだったので、とてもリラックスしてできました。

     

    DVD付 安産のための体と心をつくる Happyマタニティ・ヨガ (高橋書店 ヨガの本シリーズ)

    DVD付 安産のための体と心をつくる Happyマタニティ・ヨガ (高橋書店 ヨガの本シリーズ)

     

     

    あと、家でやるからいいや、と最初はラグの上でやろうとしていたのですが、結構腰だったり尾てい骨だったりが痛くなるのでヨガマットは準備した方が良いです。私は安いやつで充分腰や尾てい骨をカバーできました。今思うとジョイントマットを買っておけば産後も使えるので、里帰り出産等で移動を考えていない場合は体がおさまるくらいのジョイントマットを買うというのも良いかなと思います。
     

     



    ジョイントマットは産後増えることを想定して、すぐ販売終了しないような有名どころを購入することをおすすめします。色んなところで売っているジョイントマットですがそれぞれサイズが微妙に違うので、産後必要になった時には再度買い直しということにならないように、どこで買ったものかを覚えておくと簡単に拡張が可能です。

  • スクワット:毎日寝る前に、20~40回程度
    安産にはスクワットが良いと焦ってググっている時に発見し、ひたすら毎日寝る前にやっていました。お腹が苦しくならない程度に、膝が90度になるくらいまで曲げて戻して、で1回です。予定日1週間くらい前から数を増やし始めて、最終的に40回くらいやってました。

  • ストレッチ:毎日寝る前に、15分程度
    開脚だったりアキレス腱を伸ばすものだったり、一般的なストレッチのみです。散歩以外ほぼ家にいたので、少しでも体を動かせればという程度でした。

  • 階段昇降:毎日散歩の前後どちらかに、10~30往復
    実家の階段はかなり急なので、しっかりと手すりを持ちながら昇り降りをしました。これも深夜焦ってググったら出てきた方法です。かなり単調だし疲れるし数えるの忘れそうになるしでそんなに好きではない方法だったのですが、予定日1週間くらい前からひたすら毎日やっていました。終盤、お腹の張りが辛かったり、前駆陣痛っぽいのがあった日は外に出るのが怖かったので、階段昇降でカバーしていました。

臨月の頃使っていたアプリ

  • トツキトオカ
    出産予定日を入力しておけば、今妊娠何日目で予定日まであと何日か教えてくれるアプリです。毎日何をしたか日記に書くことができますし、夫と共有することもできます。里帰り出産で不安だった私はこの日記で夫と交換日記みたいなことをしていました。見返すと、毎日のように何を食べてどんな運動をしたのかどんな嫌なことがあったのか事細かに書いていたのに、出産日からはぱったり書かなくなったので、かなり焦ってたんだなと笑えます。

    play.google.com

  • 万歩計
    ソフトバンクの万歩計アプリを使っていました。iPhoneユーザーなのでヘルスケア使えばいいんですけど、とにかく今日何歩歩いたかだけが知りたかったので、わかりやすいこのアプリを使いました。一応履歴機能もあるので、先週はどのくらい歩いたかもわかります。成果がわからないとやる気が出ない性格なので、万歩計を見ながら散歩していました。

    お父さん歩数計

    お父さん歩数計

    • SoftBank Corp.
    • ユーティリティ
    • 無料

数字だけだと大したことないのですが、大きなお腹抱えながらは結構大変でした。もちろんこれをやれば予定日近くで絶対に産まれるということもないですし、個人差はあると思います。それでも、体力が余りまくっていて、毎日いつ産まれるのかと不安になって焦っている人の助けになれば幸いです。