読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

婚約→引越し→転職後すぐに妊娠→結婚→夫の転職先が遠方に→引越→里帰り→出産 と
死ぬ死ぬ言いながらドタバタな1年を送った後は案外平凡に生きている主婦のブログです。

娘0歳8ヶ月の初海外旅行(挙式兼新婚旅行) in ハワイ その1

産前・産後 子連れ旅行

昨年10月中旬に8ヶ月の娘を連れてハワイ旅行(挙式 兼 新婚旅行)に行ってきました。色々あったので、何回かに分けてまとめていきたいと思います。

 

できちゃった婚のくせにハワイで結婚式やりました

元々自分自身に結婚式への憧れとかが無く、かつ婚約してすぐに妊娠して結婚して出産して、とバタバタだったので結婚式とか娘もいるしもういいやと思っていたのですが、長男である夫のご両親から「でき婚はしょうがないとしても結婚式はやってほしい」というようなお言葉(もっと遠回しな感じですが)をいただいてしまい、渋々国内でやるんだったらやりたいところで挙式するぞ!と決心したのがハワイでの挙式でした。

 

ハワイ挙式にした理由

理由はただ一つ。同期の結婚式に行った際に見た、教会での誓いのキスやらご定番の自己紹介ムービーやら馴れ初め紹介やら友人挨拶やら余興やら、もう全てに対して「できない!」という気持ちでいっぱいだったからです。

恥ずかしながら、私にはいわゆる親友的な存在はおらず、かつ写真映りが悪いコンプレックスから4年前からお付き合いしていた夫との写真もほぼ撮っていません。それでもなんとか見栄を張って普通の人間として生きてきました。しかし、国内の結婚式・披露宴といえば【親友】と【幸せいっぱいの写真】が不可欠。どっちも無い私には普通の結婚式ができる資格は無いに等しい状況。

そんな時に見つけたのが海外挙式という手段。お金もかかるし、0歳児の娘を飛行機で、しかも海外に連れていくという大変さも充分理解はしていましたが、わざわざやりたくもない披露宴をすることも友人を呼ぶ必要も無く家族だけであっさりできるならと決めました。かといって英語は夫婦揃って得意ではないので、日本語がほぼ通じることで有名なハワイに。

「何が何でもやれっていうならハワイですよ?」と半ば脅しのように夫のご両親に相談してみたところ、いいんじゃない? と了承してもらえました。しかも夫の弟さんが働いている結婚式場を運営している会社でもハワイ挙式ができるとのことだったので、挙式自体はかなりお得にできました。

ちなみに、自分の両親はというと、姉が既に一般的な挙式披露宴をやっていたというのもあるとは思いますが、そこまでこだわるタイプでも無かったのですぐに了承してくれました。

 

海外挙式にして良かったこと

もうとにかく無駄が無いことが良かったです。

結婚式の打ち合わせって、1年前から決めて、月1回くらい行って衣装に席次に段取りに、とダラダラ疲弊しながらなんとかやっていくイメージが強くて、もう既にその時点でやりたくないなって思っていたのですが、海外挙式にしたからなのか、選んだ会社がそういう方針だったからなのか、国内の打ち合わせは1年前に決めて、決めた日を含めてトータルで4回でした。

  • 1回目(1年前):どこでやるか決める
  • 2回目(半年前):衣装と小物合わせ・オプション確認
  • 3回目(3ヶ月前):オプション最終確認・段取り確認
  • 4回目(1ヶ月前):段取り最終確認

という流れでした。
※ちなみに1回目と2回目の間に出産しています。

あとは挙式前日にハワイで打ち合わせして、あとは本番のみ。夫婦揃って優柔不断なのですが、考える時間も日にちも少ないと諦めの早い性格が功を奏してサクサク決まっていきました。段取りも少なく、披露宴(という名のほぼただの食事会)中も娘にご飯をあげたり、自分達の料理も充分堪能できました。

 

結婚式までに喧嘩したこと

これもう本当あるあるだと思うんですけど、男の人って何であんなにお金に関わらないことに興味無いんですかね? オプション決めとか、お金に関わる部分は口出ししまくってくるくせに、いざ手紙とかプレゼントとか、どうするの? と言っても「後でやるよ」の一点張り。結局手紙は前日の明け方までかかりました……しかも添削までやらされるはめに……。

(披露宴の段取りが少な過ぎたのと、両家を招待しているのに私だけが感謝の手紙を読むのはどうなんだろうという気持ちから、それぞれの両親への手紙を夫婦揃って読む時間を披露宴の最後に作りました。)

 

とはいっても99.9%楽しかったハワイ旅行

でき婚の癖にハワイかよ! と言われそう(言わなくても思われてそう)で、出発当日までほぼ誰にも言えずに悩んでいましたが、行ってしまえば楽しい以外ほぼ無しでした。現地で生後10ヶ月の子を連れた似たような境遇の方にも出会えたので一層気持ちが楽になりました。もし自分の周りに同じようなことで悩んでいる人がいるなら、行けるなら行った方がいいよ! 結構いるし! と励ましてると思います。それくらい、後悔の無い旅行でした。

 

以上、今回は挙式兼新婚旅行の部分がメインでしたが、次は子連れハワイ旅行という目線でまとめたいと思います。